【レザークラフト】カービングデザインのポーチの作成

レザークラフト

今回のレザークラフトはポーチを作ってみたいと思います。

前回ではミナグ君の為のポーチを作ったのですがそれと同じ感じで大きさを変えて作りたいと思います。

材料は、ヌメ鞣し革A3サイズを使います。

先立ってウェットフォーミング用の型を作成しました。

後はA3サイズのヌメ革ですね。ほぼ源厚くらいの2~3ミリくらいだと思います。

革のウェットフォーミング

革の形を変形させるために水に浸して可塑性を利用して形を作ります。

型板に擦り込む様に皮を馴染ませて後はクランプで締めこんで乾かすだけです。

型板を作っておけば簡単な作業です。

革の裁断作業

革を型にはめ込んだら乾かしながらそれ以外の部分の革の裁断を行います。

厚めの革がスーっとカットされるのはとても気持ちがいい。

このポーチは本体はこのたった2つのパーツだけですのでシンプル。

その分細かい部分に力を入れて作成していきます。

カービングデザインの革への転写

デザインを決めて下書きをしたら今度は鉄筆で革への転写。

細かい線を革に刻み込んでいきます。

地味に大変な作業。トレーシングペーパーが破れたりと力加減が難しい作業です。

この様に転写出来ました。

スイベルナイフで革に切り込み

この作業がデザインの印象を決めてしまうくらい重要な作業。

ナイフを回転させながらラインに強弱をつけていきます。

細かいデザインをナイフのタッチで表現していくこの作業 とても神経を使います。

滑らかな流れるような曲線を出すのが中々難しい。

1時間ちょっとかけてナイフ入れが終わりました。

集中してタッチをいかに切り込むか 難しく楽しい時間

カッティングは終わりました。

次は刻印を打っていく作業が待っています。ちょっと疲れました 今日はここまでで終了です。

後日、刻印を打っていきました。

細かい作業に熱中しています。

刻印の角度や打力をちょっとけるだけで革の表情が変わります。

難しくて面白いところです。

2022/2/19

カービングデザインを完成しました。

2022/04/28

革の染色

次の工程は革の染色を行います。

水分を入れると革の形が変わってしまうので型にはめたまま染色を行います。

カービングデザインの部分は、アンティークダイを入れたいと思います。

そして全体の色は、『ダークブラウン』でシックに仕上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました